<!--ブログタイトル--> <title>トレハロース 調味料 安全 天然 オートファジー|食品添加物検索リスト

トレハロース 調味料 安全 天然 オートファジー

トレハロース(Trehalose)とは 

トレハロースは、本来きのこ類や酵母をはじめ、動植物の細胞内に広く存在する、天然の糖質(ブドウ糖2分子が結合した二糖類)で、

 寒い地域や砂漠に暮らす動物は、細胞内にトレハロースを含み、細胞液の凍結・乾燥を防いでいると言われ、また昆虫はトレハロースがなければ生きていけないことが知られている。
  食品ではキノコや酵母に多く存在し、乾燥シイタケには約20%含まれている。

 トレハロースは、従来は専ら酵母から抽出されていたが、現在では、澱粉に、酵母菌などの、ある種の微生物由来の酵素を反応させて安価に大量生産する技術が開発され、安価に入手できるようになった。

 トレハロースは、基本的には急性毒性もなく安全と言われており、甘味料の仲間だが、用途名を併記する必要はなく、「トレハロース」と単独表記される。


トレハロースの使途

トレハロースは1グラムあたりのカロリーは砂糖と同じ4キロカロリーだが、甘さは半分以下で、砂糖と同じ甘さを出すには、カロリーが高くなるところから、甘味料としてよりむしろ食品の品質保持・品質向上を目的として使われることが多い。

 トレハロースはその用途の広さ・性能のすばらしさから夢の糖質と呼ばれ、
現在では食品添加物として、和菓子や洋菓子、冷凍食品、麺類、ご飯類、パン、肉や魚の加工品、お惣菜、ジュースなど、様々な食品に使用されている。

 トレハロースを用いた冷凍食品は、味や食感の劣化が無い。

 脂質の酸化を抑制する。

 炊飯時に、お米3合あたりトレハロースを大さじ1杯加えると、ふっくらと炊きあがる。また、炊いたお米を長時間放置すると硬くなりパサつくが、トレハロースを使うとデンプンの老化を抑えパサつきを防いでくれる。

 パンを焼く時に、加える砂糖の分量の25%から50%をトレハロースにすると、ふっくらモチモチ焼きあがり、またふわふわ感が長持ちする。

 トレハロースはタンパク質の変性を抑制するので、卵焼きやハンバーグ、プリンなどに少量加えると、タンパク質が劣化せず、身やせしない。

 トレハロース自体の甘みは砂糖に比べてあっさりしているので、これを加えることにより、ダダ甘さを防げる

 トレハロースは二糖類故に、摂取後の血糖値の急激な上昇を防げるので、血糖値が気になる向きにも適した甘味料と言える。

 トレハロースは、その保湿効果の高さから、食品以外にも、化粧品、せっけん、入浴剤などにも使われている。

 また、医療関連でも、開腹手術後の癒着防止剤やドライアイの治療薬など、多方面への応用の研究が進められている。


最新情報ーオートファジーの活性化


 先日の「大隅 良典 氏のノーベル賞受賞」に伴い、
 今話題の渦中にある「オートファジー」

 オートファジーは運動や断食などで活性化されることは周知の事実ですが、

 トレハロースがこの「オートファジー」を活性化させることが、研究で明らかになっています。


トレハロース,天然の甘味料,安全,調味料,オートファジー,お米にトレハ